成等院哲子詩歌巻〈西条藩松平家伝来〉 せいとういんさとこしいかまき(さいじょうはんまつだいらけでんらい)

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 江戸 / 愛媛県 

成等院(哲子)作/上田節写
江戸時代後期
巻子装
1巻 46.0cm×811.0cm
2巻 46.0cm×895.0cm
2巻
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

成等院哲子が詠んだ詩歌をまとめた巻子で、成等院直筆の詩歌の色紙と短冊を貼り込んで仕立てた巻子と、西条藩の儒学者上田節が集め書写した巻子よりなる。成等院の父は西条藩9代藩主松平頼学で、母は公家の一条忠良の娘通子である。成等院哲子は、守山藩4代藩主松平頼慎の3男頼永を婿に迎えるが、弘化3(1846)年、20才の若さで没した。

作品所在地の地図

関連リンク

成等院哲子詩歌巻〈西条藩松平家伝来〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

円恭院殿水月尼君遺歌集〈西条藩松平家伝来〉
円恭院殿水月尼君遺歌集〈西条藩松平家伝来〉

円恭院(まさ子・鑑姫)作/守矢木仙編

松平頼啓書〈西条藩松平家伝来〉
松平頼啓書〈西条藩松平家伝来〉
雛人形・雛道具
雛人形・雛道具

西条藩松平家伝来

松平頼啓・頼英書
松平頼啓・頼英書

松平頼啓・松平頼英

ページトップへ