梨地鶴丸文蒔絵螺鈿金装飾剣 なしじつるまるもんまきえらでんきんそうのかざりたち

その他 / 江戸 

江戸時代・18~19世紀
1口

九(く)條(じょう)家(け)に伝わった飾(かざり)剣(たち)。鞘(さや)には鶴(つる)丸(まる)文(もん)の金(きん)梨(なし)地(じ)螺(ら)鈿(でん)が、飾(かざり)金(かな)物(もの)には松(まつ)葉(ば)唐(から)草(くさ)文(もん)の透(すかし)彫(ぼ)りが施(ほどこ)される。飾剣(カザタチとも)とは、柄(つか)に鮫(さめ)皮(がわ)を巻き、鞘に腰から吊(つ)る緒(お)を付けるための山(やま)形(がた)金(がね)や、唐草文を透彫りした長金物を備えた儀(ぎ)仗(じょうの)剣(たち)である。20100203_h22

作品所在地の地図

関連リンク

梨地鶴丸文蒔絵螺鈿金装飾剣チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梨地螺鈿金装飾剣
沃懸地螺鈿金装飾剣
松藤文兵庫鎖太刀拵
梨地鶴丸文蒔絵螺鈿金装飾剣
兵庫鎖太刀〈刀身銘一/〉
ページトップへ