文化遺産オンライン

山水図額

さんすいずがく

作品概要

山水図額

さんすいずがく

金工 / 明治

鹿島一布作

明治25年(1892)

四分一地象嵌

縦33.0cm 横24.2cm

1面

鹿島一布は、幕末に生まれて刀装具を製作していたが、明治維新後はこの技術を応用した置物などを製作するようになった。これは山水を布目象嵌の技法であらわしたもので、金属で微妙な色彩の変化を出すことによって、遠近感のある絵画風の表現に成功している。
(20111115_h19)

山水図額をもっと見る

鹿島一布作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

象嵌 / 金工 / Meiji / 技法

関連作品

チェックした関連作品の検索