文化遺産オンライン

竹林図煙草入

ちくりんずたばこいれ

作品概要

竹林図煙草入

ちくりんずたばこいれ

金工 / 明治 / 大正

塚田秀鏡作

明治~大正時代・19~20世紀

四分一製

縦9.4 幅7.2

1個

幕末の江戸で生まれた塚田秀鏡は、大正2年(1913)に帝室技芸員となった彫金家である。この煙草入は、近代的な器物に、流水に竹という伝統的なモチーフや、江戸時代の刀装具で駆使された金属技法が同時にみられ、近代前期における工芸の様相をよく示している。

竹林図煙草入をもっと見る

塚田秀鏡作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

煙草 / 帝室 / 技芸 /

関連作品

チェックした関連作品の検索