文化遺産オンライン

白梅図鐔

はくばいずつば

作品概要

白梅図鐔

はくばいずつば

その他 / 江戸

加納夏雄

江戸時代・文久元年(1861)

縦7.4cm 横6.6cm

1枚

銘文:銘 夏雄

 梅の古木が白い花をつけたさまを写実的に彫りあげた作品。加納夏雄(1828~98)は幕末の金工界を飾る名人の1人で、写生風の構図を鉄地に高彫象嵌であらわした優品が多い。夏雄はのちに東京美術学校教授、帝室技芸員などを歴任した。      

白梅図鐔をもっと見る

加納夏雄をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

夏雄 / 加納 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索