文化遺産オンライン

雪中南天樹鵯図額

せっちゅうなんてんじゅひよどりずがく

作品概要

雪中南天樹鵯図額

せっちゅうなんてんじゅひよどりずがく

金工 / 明治

正阿弥勝義作

明治25年(1892)

四分一高肉象嵌

1面

 四分一(しぶいち)(銅と銀の合金)の地に雪のかかった南天の木の実をついばもうとする鵯(ひよどり)を高肉彫りと象嵌で写実的に表している。正阿弥勝義は美作(みまさか)(現岡山県)の装剣金工の家に生まれ、明治9年(1876)の廃刀令後は、花瓶、置物、図額、装身具などを多く制作した。  (2008/01/02_h19)

雪中南天樹鵯図額をもっと見る

正阿弥勝義作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

象嵌 / 四分一 / / Meiji

関連作品

チェックした関連作品の検索