雪中南天樹鵯図額 せっちゅうなんてんじゅひよどりずがく

金工 / 明治 

正阿弥勝義作
明治25年(1892)
四分一高肉象嵌
1面

 四分一(しぶいち)(銅と銀の合金)の地に雪のかかった南天の木の実をついばもうとする鵯(ひよどり)を高肉彫りと象嵌で写実的に表している。正阿弥勝義は美作(みまさか)(現岡山県)の装剣金工の家に生まれ、明治9年(1876)の廃刀令後は、花瓶、置物、図額、装身具などを多く制作した。  (2008/01/02_h19)

作品所在地の地図

関連リンク

雪中南天樹鵯図額チェックした作品をもとに関連する作品を探す

月に雁図額
月に雁図額

加納夏雄作

群鷺図額
群鷺図額

加納夏雄作

群蝶図花瓶
群蝶図花瓶

金沢銅器会社

還城楽図額
還城楽図額

海野勝珉作

猿猴弄蟷螂図額
猿猴弄蟷螂図額

香川勝広作

ページトップへ