文化遺産オンライン

競馬図鐔

くらべうまずつば

作品概要

競馬図鐔

くらべうまずつば

その他 / 江戸

仲上元広作

江戸時代・18世紀

四分一

縦6.5 横4.1

1枚

銘文:松下亭元広(花押) 

 四分一(銅と銀の合金)の磨地に、表は州浜の松に繋がされた二頭の馬、裏には幔幕の傍らで腰掛ける人物を表す。仲上元広は、京都の装剣金工を代表する大月光興に学び、高肉彫に金や銀の色絵を駆使した華麗な作風を得意とした。             
ルビ;(しぶいち)(みがきじ)(まんまく)

競馬図鐔をもっと見る

仲上元広作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 四分一 / 彫る / 赤銅

関連作品

チェックした関連作品の検索