文化遺産オンライン

こぼれ松図縁頭

こぼれまつずふちがしら

作品概要

こぼれ松図縁頭

こぼれまつずふちがしら

その他 / 江戸

後藤一乗

江戸時代・19世紀

1組

銘文:縁銘 後藤法橋一乗(花押)

赤銅魚々子地に松毬(松ぼっくり)と松葉を高肉彫とし、金と素銅の色絵を施した縁頭。素材と技法自体は後藤家でよくみられるものであるが、松葉を斜めに配し、その間に松毬を不規則に置いたリズミカルな構図は一乗独自の自由な作風を示している。
るび まつかさ すあか
(酒井元樹氏執筆)

こぼれ松図縁頭をもっと見る

後藤一乗をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 後藤 / 井元 / 花押

関連作品

チェックした関連作品の検索