文化遺産オンライン

四君子図大小鐔

しくんしずだいしょうつば

作品概要

四君子図大小鐔

しくんしずだいしょうつば

その他 / 江戸 / 明治

後藤一乗作

江戸~明治時代・19世紀

1組

銘文:銘 (大)応需 伯応作/(小)伯応作

一乗晩年の鉄地の刀装具には「伯応」、「凸凹山人」の別号を用いたものが多い。これは文人画の画題として四君子と総称される梅、竹、菊、蘭を文様にしたもので、鉄地による大きな余白が枯淡な味わいを醸し出し、旋廻的に配された植物が洗練された印象を与える。
るび はくおう てつおうさんじん
(酒井元樹氏執筆)

四君子図大小鐔をもっと見る

後藤一乗作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 後藤 / 井元 / 執筆

関連作品

チェックした関連作品の検索