文化遺産オンライン

十二支図三所物

じゅうにしずみところもの

作品概要

十二支図三所物

じゅうにしずみところもの

その他 / 江戸

後藤延乗(光孝)

江戸時代・18世紀

赤銅地、色絵

1組

銘文:小柄・笄銘 後藤光孝(花押)

三所物とは目貫・小柄・笄で一組とする刀装具で、素材や意匠に統一性や関連性を持たせます。この作品は意匠を十二支としてイノシシは笄にみられます。動物たちの動きにはぎこちなさがあるものの、金と赤銅(銅と金の合金)を用いた格調の高さがあります。
(特集初もうで_190102)

十二支図三所物をもっと見る

後藤延乗(光孝)をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

小柄 / 目貫 / / 後藤

関連作品

チェックした関連作品の検索