文化遺産オンライン

桐鳳凰図三所物

きりほうおうずみところもの

作品概要

桐鳳凰図三所物

きりほうおうずみところもの

その他 / 室町

後藤乗真

室町時代・16世紀

1組

銘文:無銘 後藤乗真

 梧桐(ごとう)に棲むという瑞鳥、鳳凰を彫った三所物。小柄(こづか)と笄(こうがい)には比較的大振りな桐鳳凰を据えている。足利将軍義晴、義輝に仕えた刀装金工、後藤家の3代乗真の作といわれる。後藤家では龍・獅子のほか吉祥文の作品も多く制作された。

桐鳳凰図三所物をもっと見る

後藤乗真をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

後藤 / / 小柄 /

関連作品

チェックした関連作品の検索