文化遺産オンライン

剣 無銘 千手院 附 麒麟凰鳳文毛抜形横刀

作品概要

剣 無銘 千手院 附 麒麟凰鳳文毛抜形横刀

その他 / 江戸

金具 後藤一乗作

江戸時代・元治元年(1864)

1口

 文久3年(1863)尾張徳川家から孝明天皇に献上された剣のために翌元治元年に制作された拵。鞘は梨地に桐竹鳳凰麒麟という天皇の装束特有の文様と同じ意匠である。鐔をはじめ桐竹唐草の金の金具は幕末の京都の金工後藤一乗(1791~1876)の作である。 

剣 無銘 千手院 附 麒麟凰鳳文毛抜形横刀をもっと見る

金具 後藤一乗作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

後藤 / / / 小柄

関連作品

チェックした関連作品の検索