文化遺産オンライン

田園牧牛図縁頭

でんえんぼくぎゅうずふちがしら

作品概要

田園牧牛図縁頭

でんえんぼくぎゅうずふちがしら

その他 / 江戸

後藤一乗作

江戸時代・19世紀

1組

銘文:縁銘 後藤光行(花押)

後藤一乗ははじめ「光貨」と名乗り、次いで「光行」と改名した。この縁頭は一乗初期の作品で、赤銅(銅と少量の金の合金)の地金、丸文を連ねる魚々子地、茅葺きの小屋に牛と牧童の文様を半肉にする高肉彫など後藤家の刀装具に一般的な作風を示している。
るび みつたか みつゆき しゃくどう じがね ななこ たかにくぼり
(酒井元樹氏執筆)

田園牧牛図縁頭をもっと見る

後藤一乗作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 後藤 / 井元 / 執筆

関連作品

チェックした関連作品の検索