文化遺産オンライン

草花に虫図三所物

くさばなにむしずみところもの

作品概要

草花に虫図三所物

くさばなにむしずみところもの

その他 / 江戸

後藤一乗

江戸時代・安政5年(1858)

1組

銘文:小柄銘 応白勢士敬主人需後藤一乗(花押)/笄銘 安政五午年仲夏作後藤法橋一乗(花押)/目貫銘 後藤・一乗

小柄に春、目貫と笄に秋の動物、昆虫をあらわした三所物。金銀などを薄板にして接着する加飾技法の色絵や、半肉状の文様の高肉彫は後藤家では伝統的な技法だが、余白と文様が巧みに構成されて空間的な広がりを見せるのは一乗の得意としたところである。
るび いろえ たかにくぼり
(酒井元樹氏執筆)

草花に虫図三所物をもっと見る

後藤一乗をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

後藤 / / 小柄 / 花押

関連作品

チェックした関連作品の検索