文化遺産オンライン

草花に虫図大小鐔

くさばな むしずだいしょうつば

作品概要

草花に虫図大小鐔

くさばな むしずだいしょうつば

その他 / 江戸

後藤一乗

江戸時代・安政4年(1857)

1組

銘文:大銘 後藤法橋 一乗(花押)/安政四丁巳年長月 於東府/小銘 後藤法橋 一乗(花押)/安政四巳年 長月作

一乗は文政7年(1824)に光格天皇の刀装具を製作したことから法橋位を叙され、この頃から「一乗」と名乗るようになった。これは大の鐔の表に蛍と水草、裏に蝶と藤、小の鐔には表裏に秋草や昆虫をあらわし、春から秋への季節の変化を巧みにみせている。
るび ほっきょう
(酒井元樹氏執筆)

草花に虫図大小鐔をもっと見る

後藤一乗をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 後藤 / 井元 / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索