文化遺産オンライン

叢梨地花鳥山水蒔絵脇指

むらなしじかちょうさんすいまきえのわきざし

作品概要

叢梨地花鳥山水蒔絵脇指

むらなしじかちょうさんすいまきえのわきざし

その他 / 江戸

金具:後藤一乗

江戸時代・19世紀

総長55.6

1口

目貫、三所物などの諸金具はすべて後藤一乗の手となる刀装で、金具の文様は鞘と連動しており、刀装全体はさながら四季花鳥図の絵画をみるようである。鞘にみられる叢梨地に高蒔絵をした文様表現は濃密でありながら格調が高く、金具同様に華美である。
るび むらなしじ
(酒井元樹氏執筆)

叢梨地花鳥山水蒔絵脇指をもっと見る

金具:後藤一乗をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 後藤 / 井元 /

関連作品

チェックした関連作品の検索