文化遺産オンライン

沃懸地鳳凰蒔絵小脇指

いかけじほうおうまきえのこわきざし

作品概要

沃懸地鳳凰蒔絵小脇指

いかけじほうおうまきえのこわきざし

その他 / 江戸

縁・笄・笄銘 後藤法眼一乗(花押)

江戸時代・19世紀

1口

銘文:縁・笄・笄銘 後藤法眼一乗(花押)

拵{こしらえ}とは、刀剣の柄{つか}(にぎり手)や鐔{つば}、鞘{さや}など、刀剣を納める外側の部分のことで、いろいろな装飾をほどこしたものが多い。この作品では、柄{つか}と鞘{さや}の合い口、鐔{つば}、小柄{こづか}のところに、12の干支{えと}の動物が表わされている。蛇はどこにいるか、さがしてみよう。

沃懸地鳳凰蒔絵小脇指をもっと見る

縁・笄・笄銘 後藤法眼一乗(花押)をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 後藤 / 小柄 /

関連作品

チェックした関連作品の検索