沃懸地鳳凰蒔絵小脇指 いかけじほうおうまきえのこわきざし

その他の画像全3枚中3枚表示

その他 / 江戸 

縁・笄・笄銘 後藤法眼一乗(花押)
江戸時代・19世紀
1口
銘文:縁・笄・笄銘 後藤法眼一乗(花押)

拵{こしらえ}とは、刀剣の柄{つか}(にぎり手)や鐔{つば}、鞘{さや}など、刀剣を納める外側の部分のことで、いろいろな装飾をほどこしたものが多い。この作品では、柄{つか}と鞘{さや}の合い口、鐔{つば}、小柄{こづか}のところに、12の干支{えと}の動物が表わされている。蛇はどこにいるか、さがしてみよう。

作品所在地の地図

関連リンク

沃懸地鳳凰蒔絵小脇指チェックした作品をもとに関連する作品を探す

業平東下り図揃金具
草花に虫図三所物
貝に藻図三所物
貝に藻図三所物

(笄)後藤宗乗・(小柄)後藤栄乗

十二支図三所物
十二支図三所物

後藤延乗

旭日舞鶴図小柄
旭日舞鶴図小柄

後藤一乗(法眼銘)

ページトップへ