三階松文金象嵌二所物 さんがいまつもんきんぞうがんふたところもの

権利者:高岡市立博物館蔵

金工 / 富山県 

安川乾清
やすかわけんせい
富山県高岡市
銅,金,銀・象嵌
【1】縁頭(頭):縦3.0cm×横1.5cm×厚み0.6cm
【2】縁頭(縁):縦3.6cm×横2.1cm×厚み1.1cm
【3】目貫1:縦1.1cm×横3.8cm×厚み0.3cm
【4】目貫2:縦1.1cm×横4.0cm×厚み0.3cm
4
富山県高岡市古城1-5

 安川乾清在銘の二所物であり、縁頭と目貫、合計4点である。それぞれに三階松文が入れられている。
 縁頭の頭には魚々子(ななこ)打ちされた四分一の地金に三階松文様が金象嵌されている。縁頭の縁には四分一地に素銅(すあか)を蝋付けしてあり、側面は魚々子打ちした地金に三階松文様を2つ象嵌している。「越中高岡住」「安川乾清(花押)」と銘がある。目貫2点には三階松文様を金着せしている。

作品所在地の地図

関連リンク

三階松文金象嵌二所物チェックした作品をもとに関連する作品を探す

四分一地金砂子象嵌鍔
鍛鉄地竹虎文金銀象嵌鍔
花鳥文金銀象嵌花瓶
重かつぎ台
高岡捺染 鷹図
ページトップへ