四分一地金砂子象嵌鍔 しぶいちじがねすなごぞうがんつば

権利者:高岡市立博物館蔵

金工 / 富山県 

安川乾清
やすかわけんせい
富山県高岡市
銅,金,銀・象嵌
最大径7.0cm×厚み0.5cm
1
富山県高岡市古城1-5

 安川乾清作の四分一地金砂子象嵌細工の鍔である。銅に対して銀を4対1の割合で配合した四分一の地金に金製の砂子を象嵌してある。
 「安川乾清」の銘が毛彫りされている。

作品所在地の地図

関連リンク

四分一地金砂子象嵌鍔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍛鉄地竹虎文金銀象嵌鍔
三階松文金象嵌二所物
花鳥文金銀象嵌花瓶
群鷺図額
群鷺図額

加納夏雄作

麟鳳亀龍文金銀象嵌三段盛器
麟鳳亀龍文金銀象嵌三段盛器

清光、金森宗七(推定/製作)

ページトップへ