獅子文象嵌鐙 ししもんぞうがんあぶみ

その他 / 江戸 

高次
江戸時代・18世紀
1双
銘文:銘 加州住高次作

鐙【あぶみ】は馬に乗るとき、足をかけるもの。江戸時代、金沢藩(石川県)では工芸の生産が庇護され、金工においては金や銀などの平象嵌【ひらぞうがん】で文様をあらわす加賀象嵌の技法が流行した。これらの鐙はその典型作で、平象嵌で桜花や獅子の文様をあらわし華麗である。

作品所在地の地図

関連リンク

獅子文象嵌鐙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鉄錆地蝶唐花文象嵌平蒔絵鐙
鉄錆地蝶唐花文象嵌平蒔絵鐙

(銘)賀州住 政平 作

桜花流水文象嵌鐙
桜花流水文象嵌鐙

藤原重久作 刻銘「尾州大野住藤原重久作」銀象嵌銘「尾州名古屋住盛家」「村上清左衛門尉作」

丸龍紗綾形銀象嵌鐙
丸龍紗綾形銀象嵌鐙

大洲藩加藤家伝来

壺鐙
壺鐙
ページトップへ