壺鐙

その他 / 奈良  平安 

奈良~平安時代・8~11世紀
1双

鐙は、古墳時代にすでに、輪鐙と輪鐙の前方に爪先を保護する覆いを付けた壺鐙がみられる。この壺鐙のうち1隻は黒漆塗で、1隻は象嵌で唐草や宝相華文が施されていたことがうかがえる。奈良時代から平安時代にかけての数少ない鐙の例である。(わあぶみ ぞうがん ほうそうげもん)(旧題箋)

作品所在地の地図

関連リンク

壺鐙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

壺鐙
輪鐙
壺鐙
獅子文象嵌鐙
芦穂蒔絵鞍・鐙
ページトップへ