Capped Stirrups

Details

Capped Stirrups

others / Nara / Heian

Nara - Heian period, 8th - 11th century

1双

鐙は、古墳時代にすでに、輪鐙と輪鐙の前方に爪先を保護する覆いを付けた壺鐙がみられる。この壺鐙のうち1隻は黒漆塗で、1隻は象嵌で唐草や宝相華文が施されていたことがうかがえる。奈良時代から平安時代にかけての数少ない鐙の例である。(わあぶみ ぞうがん ほうそうげもん)(旧題箋)

Search by Capped Stirrups

Search by Tokyo National Museum

Keywords

/ あぶみ / Stirrups /

Related Works

Search items related to work chosen