壺鐙 つぼあぶみ

その他の画像全9枚中9枚表示

考古資料 / 古墳 / 山梨県 

出土地:山梨県笛吹市松本 さんこじ塚出土
古墳時代・6~7世紀
1組

馬に乗るための鐙は、騎乗に秀でた遊牧騎馬民族ではなく、不得手な農耕民が馬の背に上るために考案したものだと考えられている。古墳時代には、輪鐙がはじめに登場し、おくれて壺鐙が出現する。壺鐙は法隆寺宝物等の奈良時代の鐙を経て日本独自の鐙へと発展してゆく。

作品所在地の地図

関連リンク

壺鐙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

輪鐙
壺鐙
壺鐙
壺鐙/附 障泥金具
心葉形杏葉
ページトップへ