文化遺産オンライン

加藤清正書状

かとうきよまさしょじょう

作品概要

加藤清正書状

かとうきよまさしょじょう

文書・書籍 / 安土・桃山 / 佐賀県

加藤清正  (1562~1611)

かとうきよまさ

安土・桃山時代~江戸時代初期

紙本墨書

竪17.0cm 横49.4cm

1通

佐賀県佐賀市松原2丁目5-22

公益財団法人鍋島報效会

肥後の加藤清正が歳暮として佐賀の成富兵庫茂安に小袖を贈った際の書状で、『成富家譜』(鍋島文庫212-63)によれば、清正は毎年歳暮の贈りものを欠かさなかったという。また成富兵庫が清正から一万石で自分の家臣とならないかとスカウトを受けた際、「たとえ肥後一国を賜わるとも応じがたく侯」と謝絶したという伝承は有名。

加藤清正書状をもっと見る

加藤清正をもっと見る

徴古館をもっと見る

キーワード

佐賀 / / 鍋島 / 成富

関連作品

チェックした関連作品の検索