銀溜白糸威具足 ぎんだめしろいとおどしぐそく

工芸  金工 / 江戸 / 日本 

江戸/17世紀
一領
徳川義直(尾張初代)所用

 銀色に包まれた中に朱と萌黄の色が鮮やかに映える華麗な具足である。この具足は、初代義直が着用した品である。義直は正月の具足祝いの儀式のために毎年具足を新調して、多数の具足を所持していたが、中でも特にこの銀溜具足を好み、旅行の際には必ず携帯していたと伝えられる。製作年月は不明であるが、製作者は加藤彦十郎正勝と伝えられている。正勝は奈良の春日派のながれをくむ尾張の甲冑師である。

作品所在地の地図

関連リンク

銀溜白糸威具足チェックした作品をもとに関連する作品を探す

白糸威二枚胴具足
朱塗黒糸威二枚胴具足 兜、小具足付 一具
熊毛植黒糸威具足
色々糸威二枚胴具足
青漆塗萌黄糸威二枚胴具足
ページトップへ