月渚宿雁図 げっしょしゅくがんず

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 中国 

呂紀
りょき
中国・明時代
絹本着色 掛幅装
竪142.2cm 横70.3cm
1幅
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

満月の夜、満開の芙蓉と葦の生い茂る水辺につがいの雁や小禽が羽を休める様を描く。画面右上に落款「呂紀」(印)。作者の呂紀は寧波(浙江省)の人で、明代の宮廷画家。字は延振、号は楽愚。装飾的な着色花鳥画に本領を発揮し写生派といわれた。本図は弘化3年(1846)に10代佐賀藩主鍋島直正が造営した際に、床飾りとして用いるために御道具方より借用した御道具のうちのひとつ。

作品所在地の地図

関連リンク

月渚宿雁図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

四季花鳥図
四季花鳥図

呂紀筆

鍋島直正公御実歴一百図
唐銅取手龍鳳覆雲透鈕有香炉
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話

西村謙三著、肥前史談会発行

山水人物彫竹筆立
ページトップへ