巻絹机 大和錦張 まきぎぬづくえ やまとにしきばり

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 / 日本 

江戸時代
木製 錦張
高さ24.0cm 幅64.7cm 奥行33.7cm
1基
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

板を継いで一枚とし、両端を大きく下にまわして脚とする。天板部にうすくクッション材を入れ、表面全体に緑地小葵文大和錦をわたす。側面には紫檀をはめ、補強・装飾とする。他に例を見ない形状の机である。10代佐賀藩主鍋島直正が弘化3年(1846)、佐賀城下郊外に設けた別邸の神野御茶屋で用いた御道具のひとつ。

作品所在地の地図

関連リンク

巻絹机 大和錦張チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山水人物彫竹筆立
唐松布袋唐子堆朱香盆
銀夕顔形水注
唐銅取手龍鳳覆雲透鈕有香炉
青磁罅焼茶巾盥
ページトップへ