神野御茶屋図 こうのおちゃやず

その他の画像全3枚中3枚表示

絵図・地図 / 江戸 / 佐賀県 

佐賀県
弘化3年ヵ/1846年ヵ
紙本淡彩墨書
竪122cm 横127cm
1舗
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

神野御茶屋は、弘化3年(1846)に10代佐賀藩主鍋島直正が造営した別邸。現存する神野御茶屋の絵図としては最も古く、おそらく造営計画図と思われる。付箋に「但、巾壱間半にして外廻り凡四百間」とある。このことから、四周を囲う木柵の外側には、東門周辺のみに描かれているような土手と外堀が幅一間半、外周四百間の規模でめぐっていることが分かり、「方百間」と言われる御茶屋の広大な敷地規模をイメージできる。泉水には西と東に渡場があり、東渡場には舟入が付属する。泉水周辺を中心に、各所に方角や間尺数を記した付箋が貼られ、橋には板橋・土橋の区別を墨書し、田や畠、射場などの墨書が散見される他は、無限青山亭と茶雨庵の間取りを入念に表している。

作品所在地の地図

関連リンク

神野御茶屋図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

神野御茶屋図
神野御茶屋古写真
神野御茶屋御家作一件扣
唐松布袋唐子堆朱香盆
鍋島直正公御実歴一百図
ページトップへ