梨子地木賊松葉蒔絵二重香箱 なしじとくさまつばまきえにじゅうこうばこ

その他の画像全4枚中4枚表示

工芸  漆工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代前期/17世紀
木製 漆塗 蒔絵 
竪5.2cm 横4.7cm 高8cm
1合
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

栄正院(2代佐賀藩主鍋島光茂の継室/中院大納言通純女甘姫)の御道具で、明治7年(1874)に百武安太郎が鍋島家へ献上した品。正方形、二段組の重香合で、蓋の肩は面取にされる。梨子地と金粉の渋みのある色調のなかに木賊・松葉に効果的に用いられた螺鈿の白い輝きが深みを与えており、小品ながら重厚感のある香箱である。一般の組香で用いられる重香合は、三段が通常で、上段に銀葉、中段に香包、下段にたきがらを入れて用いられる。

作品所在地の地図

関連リンク

梨子地木賊松葉蒔絵二重香箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

沃懸地松千鳥蒔絵十種香箱・火取香炉
梨子地九曜紋散松橘蒔絵大角赤手箱
梨子地稲穂蒔絵硯箱
黒漆塗花枝円文蒔絵五段重
黒漆塗松ニ鹿青貝蒔絵硯箱
ページトップへ