堆朱籠形香合 ついしゅかごがたこうごう

工芸  漆工 /  / 日本  九州  佐賀県 

明中期以降/16-17世紀
木製 取手は竹製 漆塗 籠形
高13.5cm 口径3.8cm
1合
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

取っ手をつけた瀟洒な堆朱香合。全面に網籠模様をあらわし、胴部には宝尽くし模様のうち犀角文と巻物文をあらわす。身の口縁部と蓋の周辺は雷文繋ぎ、底面は花七宝文。蓋摘は菊花型。箱書により、もと香道具であったものが後世に茶器として転用されたことが分かる。

作品所在地の地図

関連リンク

堆朱籠形香合チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青磁水指 代蓋・網袋添
黒漆塗布袋唐子螺鈿網代香合
卍格子文堆朱硯箱
青磁象嵌雲鶴文筒形茶碗(狂言袴手)
唐松布袋唐子堆朱香盆
ページトップへ