旧朝香宮邸 自動車庫 きゅうあさかのみやてい じどうしゃこ

住居建築 / 昭和以降 / 関東 

東京都
昭和/1933
鉄筋コンクリート造、建築面積97.50㎡、洗場附属
1棟
東京都港区白金台五丁目二六番
重文指定年月日:20150708
国宝指定年月日:
重要文化財

旧朝香宮邸は港区白金台の台地上に位置し,朝香宮鳩彦王の住宅として昭和8年に竣工した。設計は宮内省内匠寮工務課,設計担当技師は権藤要吉で,主要室の内装設計をフランス人のアンリ・ラパンが担当した。本館は,鉄筋コンクリート造二階建,一部三階建である。外観は装飾を排した意匠としているが,内部はガラスのレリーフ,照明器具,壁画,彫刻などで装飾している。旧朝香宮邸の本館は,簡明な意匠の外観としながら,内部は当時最新のフランスの芸術作品を主要室に配し,濃密で洗練されたアール・デコ意匠でまとめられている。宮内省内匠寮による邸宅建築の頂点のひとつとして意匠的に優れており、価値が高い。邸宅を構成している建築群や庭園も併せて保存を図る。

作品所在地の地図

関連リンク

旧朝香宮邸 自動車庫チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧朝香宮邸 茶室
旧朝香宮邸 倉庫
旧朝香宮邸 本館
旧朝香宮邸 正門
旧東京帝室博物館本館
ページトップへ