銅製棒先建水 どうせいぼうのさきけんすい

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  金工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

名越弥五郎
なごしやごろう
文化4年/1807年
銅製 
高10.1cm 径13.1cm 底径7.1cm
1口
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

宣徳銅の棒先水瓶。底面に一枝の菊文様が線刻される。建水とは、席中で茶碗をすすいだ湯水を捨てる器物のこと。古く水下・水滴・水覆・水翻などと書かれ、「こぼし」と通称される。棒の先とは台子飾り用の建水の一種で、輿の棒の先にかぶせた金具に似るところからの名称。名越弥五郎は江戸名越家。

作品所在地の地図

関連リンク

銅製棒先建水チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐銅製建水
唐銅製建水

名越弥五郎

枇杷色唐銅尻張形水次
菊桐図丸釜
菊桐図丸釜

名越彌五郎

色絵杏葉紋入梅樹文平碗
徴古館開館式式辞
ページトップへ