五十首和歌并に飛鳥井雅豊卿追詠 ごじゅっしゅわかならびにあすかいまさとよきょうついえい

その他の画像全9枚中9枚表示

その他の美術   / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

宝永3年/1706年
紙本墨書 折本装
竪40.5cm 横10.8cm 厚7.0cm
1帖
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

2代鍋島光茂七回忌の追善のために、3代綱茂が中院通茂卿(1631-1710)をはじめとする公家衆へ所望し、各々が法華経の題を用いて詠んだ和歌短冊・50葉が貼り合わせられた手鑑。折本の銀製隅金具は牡丹に蝶、鳥を彫出。飛鳥井雅豊による追詠和歌1葉と、五十首法華経題と作者を記した折紙が添えられている。黒塗箱・朱塗箱・黒塗宝相華唐草蒔絵箱・白木箱の四重箱に納められている。綱茂により鍋島家の菩提寺である高伝寺へ奉納され、大正14年(1925)に鍋島家へ返納された。「如是我聞 かくこそときくのした水うち出て つきぬなかれをみるもかしこし」(中院通茂)ほか

作品所在地の地図

関連リンク

五十首和歌并に飛鳥井雅豊卿追詠チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鍋島斉直印
龍造寺系図・鍋島系図
勝茂公其外様短冊
勝茂公其外様短冊

初代佐賀藩主鍋島勝茂ら

代々集巻頭歌
代々集巻頭歌

飛鳥井雅章

黒漆塗杏葉紋散柄鏡箱
ページトップへ