文化遺産オンライン

長恨歌図屏風

ちょうごんかずびょうぶ

作品概要

長恨歌図屏風

ちょうごんかずびょうぶ

絵画 / 江戸

筆者不詳

江戸時代・17世紀

紙本金地着色

153.5×359.0

6曲1隻

 白楽天@はくらくてん@の叙事詩『長恨歌』は、玄宗@げんそう@・楊貴妃@ようきひ@の悲恋物語。その名場面をマルチ画面風に描く。下中央と上右端に玄宗・貴妃。下部は幸福な時期、上部は安禄山@あんろくざん@の乱・玄宗の逃亡と悲劇の時期で、物語前半部にあたる。各種描法からみて17世紀初の狩野派の力作だ。

長恨歌図屏風をもっと見る

筆者不詳をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

金地 / 屏風 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索