日本書記巻第十残巻 にほんしょきまきだいじゅうざんかん

その他の画像全4枚中4枚表示

 / 平安 / 近畿 

奈良県
平安
1巻
奈良国立博物館 奈良県奈良市登大路町50
重文指定年月日:
国宝指定年月日:19510609
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

本巻は,『日本書紀』の現存最古写本として知られているもので,平安時代前期の貞観年間(八五九~八七七)頃に書写されたとみられる。本文は第十巻「応神天皇紀」で,首尾を欠くが,奈良時代の書風の流れをくむ謹厳な楷書で書かれている。紙背にみえる空海の詩文集『遍照発揮性霊集』も最古写本に属し,その古訓点を伝えて重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

日本書記巻第十残巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

日本書紀 巻第十残巻
大般涅槃経集解
延喜式(九條家本)
貫之集〈第五残巻、第八/(村雲切本)〉
金剛般若経開題残巻〈弘法大師筆/(三十八行)〉
ページトップへ