類秘抄 るいひしょう

その他の画像全8枚中8枚表示

 / 鎌倉 / 近畿 

奈良県
鎌倉/1220
4巻
奈良国立博物館 奈良県奈良市登大路町50
重文指定年月日:19970630
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

 『類秘抄』は真言密教勧修寺流の開祖として著名な寛信(一〇八五-一一五三)の撰述になる事相書である。内容は諸経儀軌章疏の文を抄録し、併せて先徳の諸口決、口伝、図像指図等を集め編纂したものである。
 本書は高山寺旧蔵本で、田中教忠コレクションのうちとして伝来したものである。田中本は『類秘抄』全七巻のうちの「大自在天」以下「五大尊」「十一面」「愛染(水)」の四巻からなり、各巻首には高山寺子院「方便智院」の朱方印がある。
 体裁は巻子装で、各巻とも見返部分に厚手楮紙の旧表紙を存し、「類秘抄」と外題を墨書する。料紙は楮紙を打紙(「愛染」巻は素紙)して用い、うち「大自在天」巻には建保七年(一二一九)具注暦の紙背を利用する。本文の筆跡は「十一面」巻本文と「愛染」巻は筆を異にするが、「大自在天」「五大尊」の両巻と「十一面」巻の図像、奥書部分は同筆で、ともに暢達した筆致で書写されている。「愛染」巻を除き文中に朱墨仮名、朱ヲコト点(東大寺三論宗点)、声点、注記等を付している。奥書は「愛染」巻以外の三巻にみえ、「大自在天」巻の「本云、仁平四年五月十七日、於勧修寺西明住房、以故法印御房御自筆草案本冩了、智海」の本奥書および「承久二年二月十五日書之、定真」の書写奥書以下によって、仁平四年(一一五四)に智海(興然)が故寛信の自筆草稿本を写した本を、承久二年(一二二〇)二月に明恵房高弁の高弟定真が書写したものであることが判明する。
 田中本『類秘抄』の特徴は、同じく定真筆になる高山寺蔵本にはみえない図像類があることで、「大自在天」巻には四天王像五図、「十一面」巻には…

作品所在地の地図

関連リンク

類秘抄チェックした作品をもとに関連する作品を探す

類秘抄
新古今和歌集〈自巻第一至巻第十五/〉
紙本白描不動明王図像
後拾遺和歌抄〈上下/〉
大般若波羅蜜多経(七寺経)
ページトップへ