文化遺産オンライン

梵字形音義

ボンジガタオンギ

作品概要

梵字形音義

ボンジガタオンギ

4帖

 平安時代の天台僧で、加賀(石川県)の温泉寺に隠棲し加州隠者と称した温泉房明覚(一〇五六~?)が、承徳二年(一〇九八)に記した悉曇学(梵字研究)の著作。巻第四の書写奥書に「嘉承元年(一一〇六)八月十五日に法勝寺の僧房で大仙房の本を書写する」とあり、明覚撰述の八年後に書写された現存最古の『梵字形音義』完本。早期の五十音図もみられ、日本語研究においても重要な作品といえる。

梵字形音義をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

書写 / 奥書 / / 承る

関連作品

チェックした関連作品の検索