大般若波羅蜜多経(七寺経) ダイハンニャハラミッタキョウ(ナナツデラキョウ)

その他の画像全3枚中3枚表示

平安 

制作地:日本
平安
紙本墨書
3巻
銘文:巻首に「願主従五位散位大中臣朝臣安長民氏」あり 承安五年三月二十八日定善房書写の奥書あり 他略
重美

七寺一切経は、尾張国の在地官人大中臣安長の発願により、承安五年(一一七五)から治承三年(一一七九)にかけて書写された一切経である。現在でも巻子本三千三百九十八巻、折本一千五百五十六帖の合わせて四千九百五十四巻が伝えられている。天地の横界線を朱で引くのが特徴であるが、『大般若経』だけは縦横とも朱の界線である。
近年、この七寺一切経の中に既に散逸したと考えられていた疑経類が伝存していることがわかり、関係の研究者の注目を集めている。

作品所在地の地図

関連リンク

大般若波羅蜜多経(七寺経)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大般若波羅蜜多経巻第四百八十四(小水麻呂願経)
大般若経 巻第二十三(和銅五年長屋王願経)
小品般若波羅蜜経巻第九(光明皇后御願経・五月一日経)
央掘魔羅経巻第三(五月一日経)
大般若波羅蜜多経巻第四百九十五(薬師寺経)
ページトップへ