小品般若波羅蜜経巻第二 コボンハンニャハラミツキョウカンダイ2

その他の画像全2枚中2枚表示

 

縦:26.9cm 横:725cm
1巻

洛西にある松尾大社の神宮寺で十二世紀前期から中期にかけて書写された一切経の遺品。近年まで、この松尾社一切経は、鹿ヶ谷の法然院にその大半が伝来していると考えられてきたが、平成四年、市内の妙蓮寺に四千巻近くが伝存していることがわかった。これによって、この一切経を発願したのは、松尾社の神主をつとめた秦親任とその一門であることなどが明らかとなった。

作品所在地の地図

関連リンク

小品般若波羅蜜経巻第二チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大般若波羅蜜多経(七寺経)
央掘魔羅経巻第三(五月一日経)
小品般若波羅蜜経巻第九(光明皇后御願経・五月一日経)
大宝積経巻第三十二(高麗国金字大蔵経)
大般若経 巻第四百六十(中尊寺経)
ページトップへ