物語類并注釈書 ものがたりならびにちゅうしゃくしょ

 / 鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山 / 近畿 

鎌倉~安土桃山
重文指定年月日:20040608
国宝指定年月日:
登録年月日:
公益財団法人冷泉家時雨亭文庫
国宝・重要文化財(美術品)

 冷泉家に襲蔵する典籍のうち、中世を中心とした物語類并注釈書を一括するものである。
 大きく分けると、物語類と、古来より愛読された『伊勢物語』『源氏物語』の三部からなる。
 物語類の主なものには、中世の擬古物語『いはでしのぶ巻四』の一帖がある。巻四のみで前を少し欠くが、今まで抜書しか知られなかったものである。建長三年(一二五一)までに成立したといわれ、本帖は成立時期に近い鎌倉時代中期ころの古写本である。西行に仮託される説話集『撰集抄』は巻一・二だけの一冊であるが、冷泉為秀の和歌の門弟であった今川了俊の書写になる。『唐物語』は中国説話を翻案したもので、文明十一年(一四七九)冷泉為広(一四五〇~一五二六)の書写になる。一般には藤原成範作とするが、奥書によれば作者を一条兼良【かねら】とする。阿仏尼の作として有名な『十六夜日記』は筆跡等からみて安土桃山時代の写本で、流布本系の最古写本として貴重である。他に『徒然草』の享禄本などがある。
 現在多くの定本に用いられている『伊勢物語』は、天福二年(一二三四)に藤原定家(一一六二~一二四一)が孫姫為子に与えたいわゆる天福本である。時雨亭文庫には現在この定家自筆本は現存しないが、天文十五年(一五四六)に今川氏見の所望により冷泉為和(一四八六~一五四九)が定家原本を贈ったときの写本が伝存する。原本の寸法(縦一五・七センチメートル、横一五・〇センチメートル)を表紙に引いて示すなど、原本の姿を忠実に写している。
 『伊勢物語』の注釈書で注目されるものに『和歌知顕集巻第二』がある。本書は今まで知られていなかった平…

関連リンク

物語類并注釈書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冷泉家歌書類
五代簡要(万葉集等詞抜書)
古今和歌集〈藤原定家筆/〉
仲文集〈藤原定家筆/〉
大鏡〈巻第二、五、七/〉
ページトップへ