賢愚経残巻(大聖武) けんぐきょうざんかん

 / 奈良 / 近畿 

兵庫県
奈良
2巻
兵庫県神戸市東灘区住吉山手6-1-1
重文指定年月日:
国宝指定年月日:19640526
登録年月日:
財団法人白鶴美術館
国宝・重要文化財(美術品)

賢愚経【けんぐさよう】は賢愚因縁経ともいわれ、種々の譬喩因縁を収集して六十二品より成る。いま国宝に指定されているその残巻に、東大寺(一巻、四六七行)、前田育徳会(三巻、四一九行、一四六行、一八行)、東京国立博物館(一巻、二六二行)、のものがあるが、これはその分量(甲巻四六一行、乙巻五〇三行)、保存状態において、それらにまさるものである。これらはいずれも聖武天皇の御筆といわれるところから大聖武【おおじようむ】とも呼ばれ、そのわずかな断片すらつねに古筆手鑑【てかがみ】の巻頭を飾るほど珍重されているもので、荼毘紙【だびし】に一行十一字-十三字の端麗な大字で書写され、おそらく奈良時代の渡来中国人か、あるいは写経生の名手の筆になるものと思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

賢愚経残巻(大聖武)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

賢愚経  須達起精舎品  断簡  (大聖武)
毘奈耶雑事 巻第三十九(中聖武)
賢愚経断簡(大聖武)
賢愚経断簡(大聖武)

伝聖武天皇筆

賢愚経残巻(大聖武)二百六十二行
手鑑「たかまつ」(百八十六葉)
ページトップへ