賢愚経断簡(大聖武) けんぐきょうだんかん おおじょうむ

 / 奈良 

伝聖武天皇筆
奈良時代・8世紀
紙本墨書
1幅

『賢愚経』の断簡で、古くから聖武(しょうむ)天皇の筆跡として古筆手鑑(こひつてかがみ)の巻頭を飾る名品としです。大和国東大寺に伝来したことから大和切(やまとぎれ)、また聖武天皇筆と伝えられたことから「大聖武(おおじょうむ)」とも呼ばれます。

作品所在地の地図

関連リンク

賢愚経断簡(大聖武)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

賢愚経(大聖武)
賢愚経(大聖武)

伝聖武天皇筆

賢愚経  須達起精舎品  断簡  (大聖武)
賢愚経断簡(大聖武)
賢愚経残巻(大聖武)
写経手鑑「紫の水」
ページトップへ