手鑑(二百九十二葉) てかがみ(にひゃくきゅうじゅうによう)

その他の画像全3枚中3枚表示

 / 奈良  平安  鎌倉  南北朝  室町  安土・桃山  江戸 / 関東 

東京都
奈良~江戸
貼込帖装、寸法 39.0㎝×33.5㎝、
表面139葉、裏面153葉の計292葉を貼込む、
表紙見返に源氏絵扇面画各2面貼付、
表紙 薄茶地牡丹唐草文金襴、
隅金具 藤文様
1帖
東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:
国宝指定年月日:
登録年月日:20130617
登録美術品

 江戸幕府の御用絵師であった住吉弘貫が収集し、文久元年(1861)に一帖に仕立てた古筆手鑑で、奈良時代より江戸時代に至る古筆の断簡二九二葉を貼り込んだ作品である。聖武天皇の「大聖武」を一番とする典型的な古筆手鑑の構成になる優品で、烏丸切、東大寺切、高野切(第三種)、中院切、村雲切、戸隠切など、多くの名物切を含んだ格の高い手鑑といえる。また、表紙見返しに貼り込まれた源氏物語を主題とする扇面画は住吉如慶(土佐広道)初期の画風に通じ、注目される。
 本手鑑は、伝来や作成経緯が明らかで、表裏に三百余の古筆切が貼られている大部なものであり、広く公開されたことのない貴重な手鑑である。書道史上、国文学上に価値が高い。また、見返しの扇面画は近世絵画史上にも貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

手鑑(二百九十二葉)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古筆手鑑
手鑑「藻塩草」(242葉)
手鑑「たかまつ」(百八十六葉)
写経手鑑「紫の水」
大手鑑〈(八十葉)/有栖川宮伝来〉
ページトップへ