賢愚経(大聖武) けんぐきょう おおじょうむ

その他の画像全13枚中13枚表示

 / 奈良 

伝聖武天皇筆
奈良時代・8世紀
紙本墨書
1巻
国宝

 『賢愚経』は中国北魏(ほくぎ)の慧覚らの漢訳した、賢者・愚者に関する小話を収めた経典。本巻は「波斯匿王女金剛品(はしのくおうにょこんごうぼん)第八」「金財品(こんざいぼん)第九」「華天品(かてんぼん)第十」「宝天品(ほうてんぼん)第十一」を書写する。聖武天皇筆と伝えるが確証はない。「大聖武」とも称され王者の風格を備えている。(20140325_h012)

作品所在地の地図

関連リンク

賢愚経(大聖武)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

賢愚経断簡(大聖武)
賢愚経断簡(大聖武)

伝聖武天皇筆

賢愚経残巻(大聖武)
賢愚経  須達起精舎品  断簡  (大聖武)
毘奈耶雑事 巻第三十九(中聖武)
賢愚経断簡(大聖武)
ページトップへ