古今和歌集巻第二、第四断簡(亀山切) こきんわかしゅうまきだいに、だいよんだんかん(かめやまぎれ)

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 平安 

11世紀 平安時代
彩箋墨書
縦33.9 横24.5
1帖
重要文化財

伝紀貫之(きのつらゆき)筆。古今和歌集巻2・巻4の十七葉三十九首。丹波国(京都府)亀山藩主であった松平家に伝来したもの。一面に雲母(きら)を撒いた料紙に、筆線は繊細にして流麗であり、よく暢達している。字形は簡略にして寛弘、連綿は巧妙にして自在な展開をみせ、平安の雅の面影をよく遺した名品である。

作品所在地の地図

関連リンク

古今和歌集巻第二、第四断簡(亀山切)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ページトップへ