継色紙「われみても」 つぎしきし われみても

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 平安 

10~11世紀 平安時代
彩箋墨書
縦13.5 横37.7
1幅
重要文化財

平安時代中期の書写になる「継色紙」は、当初は粘葉装の枡形の冊子本であったが、後世その優美な筆跡が愛好され、分割されて古筆切となった。当初の冊子の3頁分を貼り継いで掛幅装とした本作品は、『古今和歌集』巻第17に所収される読み人知らずの1首「我みても久しくなりぬ住江の 岸の姫松いく夜経ぬらん」を、濃い藍と薄い縹の料紙2頁に、連綿を積極的に用いて揮毫する。その書きぶりである「散らし書き」は、行頭を揃えない各行が紙上に揺らいで余白を意味あるものに変え、高い芸術性が見て取れる。また、本作品は、江戸時代前期、後水尾院の上覧に供されて紀貫之筆とのお墨付きを得、京都大工頭・中井家に伝来したことが付属資料から判明する。近世における作品の伝来の姿と古筆尊重の気風が如実に確認でき、歴史的価値も高い。国立博物館として収蔵するに相応しい平安古筆の逸品である。

作品所在地の地図

関連リンク

継色紙「われみても」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

継色紙(なつのよは)
継色紙(よしのかは)
継色紙
継色紙

伝小野道風筆

継色紙(あまつかぜ)
寸松庵色紙「秋のつき」
ページトップへ