文化遺産オンライン

升色紙

ますしきし

作品概要

升色紙

ますしきし

/ 平安

伝藤原行成筆

平安時代・11世紀

紙本墨書

1幅

もとは冊子本で、『清原深養父集』の断簡。流麗な連綿で、墨の濃淡や文字の大小を調和させ、重なり合うような散らし方は、奥行きを感じさせる特有の美しさを展開している。「寸松庵色紙」「継色紙」とあわせて「三色紙」として茶の湯において尊重されてきた。
ルビ:きよはらのふかやぶしゅう、れんめん、すんしょうあんしきし、つぎしきし

升色紙をもっと見る

伝藤原行成筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

色紙 / / 松庵 / しきし

関連作品

チェックした関連作品の検索