大法寺三重塔 だいほうじさんじゅうのとう

その他の画像全4枚中4枚表示

宗教建築 / 室町 / 中部 

長野県
室町前期/1333
三間三重塔婆、檜皮葺
1基
長野県小県郡青木村大字当郷
重文指定年月日:18990405
国宝指定年月日:19530331
大法寺
国宝

三重塔は正慶二年の建立で純和様の手法になり、美しい水煙を乗せ安定した容姿をしている。内部の極彩色は、剥落がひどく惜しいが中央の佛壇は唐様を混用し美しい格狹間や特色のめる擬宝珠を用いている。俗に見返りの塔と呼ばれ、東日本に於ける現存塔婆中屈指のものである。

作品所在地の地図

関連リンク

大法寺三重塔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金剛輪寺三重塔
向上寺三重塔
本山寺三重塔
大法寺観音堂厨子及び須弥壇
薬師寺東塔
ページトップへ