薬師寺東塔 やくしじとうとう

宗教建築 / 奈良 / 近畿 

奈良県
奈良/730
三間三重塔婆、毎重もこし付、本瓦葺
1基
奈良県奈良市西ノ京町
重文指定年月日:18971228
国宝指定年月日:19510609
薬師寺
国宝

薬師寺は持統・文武両帝が畝傍山東方に創建したのがはじまりで、平城京遷都にともない現在地に改めて造営された。東塔は創建時の唯一の建築で、天平2年(730)の建立と考えられている。各重に裳階をつけるため、三重塔であるが、屋根は六重。全体の安定した形態や、相輪の楽奏天人彫刻をもつ水煙など、比類ない造形美である。

作品所在地の地図

関連リンク

薬師寺東塔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

安楽寺八角三重塔
明通寺三重塔
一乗寺三重塔
切幡寺大塔
大法寺三重塔
ページトップへ