石造十三重塔 せきぞうじゅうさんじゅうとう

住居建築 / 鎌倉 / 近畿 

兵庫県
鎌倉後期/1325頃
 石造十三重塔、凝灰岩製。
 現在は、十一重塔の姿をしているが、建立時は、十三重塔として建立されていたと考えられており、その後、第一層、第十二層及び第十三層の笠部と相輪…
高338cm(基礎底部から現存する十層目の笠の上部まで)
1基
兵庫県加古川市上荘町見土呂441-2
加古川市指定
指定年月日:20170302
有形文化財(建造物)

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

石造十三重塔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

十三重塔
宗徳寺の層塔
白峯寺十三重塔 (1)
石造宝篋印塔
光明坊十三重塔
ページトップへ