穴井宝篋印塔 あないほうきょういんとう

建造物 / 南北朝 / 九州 

大分県
南北朝時代後半/14世紀後半
安山岩製。部材は、上から相輪部、笠、塔身、基礎、基壇の5材からなる。基壇一段の上に、基礎一段をのせ、基礎の上面には二段の段形を造り出す。基礎上の塔身は、その上面を笠下の…
塔高174.5㎝
1基
大分県杵築市大字本庄字白水809番地1
杵築市指定
指定年月日:20201031
有形文化財(建造物)

各部の形式や構造にみる省略的傾向にもかかわらず、基礎格狭間や笠上隅飾突起、さらには笠・基礎の段形の造り出しなど、石造宝篋印塔としての基礎的形式は備えており、少なくとも南北朝時代後半(14世紀後半)からさほど降らない時期の造立と考えられる。相輪基部に隅飾を反復する同一形式の基準作として、康応2年(1390)在銘の日出町・下川久保地蔵堂宝篋印塔があり参考となる。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

穴井宝篋印塔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

石造宝篋印塔
下甲北出口の赤碕塔
浜中海月庵の宝篋印塔
石造宝篋印塔
宝篋印塔
ページトップへ